【煮沸・電子レンジ・薬液】おしゃぶりを消毒する3つの方法。消毒するタイミングは?

スポンサーリンク

おしゃぶりの消毒方法は基本的に哺乳瓶の消毒方法と同じです。

少し違うとしたら、おしゃぶり専用の電子レンジ容器があるぐらいなんですね。

そして消毒するタイミング。

哺乳瓶の場合は使用した後は必ず殺菌消毒しますが、おしゃぶりに至っては消毒する目安がわからないこともあり人それぞれだったりします。

実際におしゃぶりの消毒頻度はあくまでも目安として1日〇回という記述が多いです。

ただ、月齢や体調・流行している病気など、状況によって毎回消毒する必要も出てきますが(苦笑)

とまぁ今回はそんなお話しです。

スポンサーリンク

おしゃぶりの消毒方法。

おしゃぶりを消毒する方法としては【煮沸・電子レンジ・薬液】3つの方法があります。

どの方法でもあまり手間がかからずこの消毒が1番いい!とゆうのもありません。

ただ、おしゃぶりの物によっては出来る出来ない消毒方法があるので、取扱説明書をしっかりと確認した上で消毒を行ってください。

煮沸消毒。

消毒といえば煮沸と言ってもいいぐらい有名ですよね。

大きめの鍋に水を多めに入れ沸騰させます。沸騰したらおしゃぶりを入れ、そのまま5分間沸騰。

これだけで簡単におしゃぶりが消毒出来ちゃいます!(祝)

補足説明として、大きめの鍋・多めの水を使用すること。

これは哺乳瓶を煮沸消毒する時にも言えることですが、おしゃぶりや哺乳瓶が直接鍋に触れないようにするのが鉄則です。

電子レンジ。

コチラの消毒方法は、レンジ加熱しスチーム消毒するといった方法です。

ただこの方法は、おしゃぶり専用の容器が必要になり購入しなければなりません。赤ちゃんグッズの消毒コーナーにて販売されており価格は高く見積もって1.000円あれば十分です。

もしくは、哺乳瓶の消毒を電子レンジで行っているなら、おしゃぶりも一緒に入れても全然問題ありません。

100均グッズで代用もできる。

セリアの「とうもろこし・さつまいも蒸し器」という商品があります。

この商品は容器に野菜を入れ電子レンジ加熱して蒸し野菜を簡単に作れる商品なんですが、これに哺乳瓶やおしゃぶりを入れ消毒器と同様の加熱条件で消毒することができるんですね。

消毒方法はまったく同じで、洗浄した哺乳瓶やおしゃぶりをセットし少量の水を入れ、蓋をしてレンジで5分加熱するだけです。

もともとレンジ加熱に対応している容器なんで熱による有害物質の発生や容器が変形するといった心配事なく使用することができます。

低コストで済んで結構オススメです。

薬液消毒。

哺乳瓶を薬液に浸けて消毒する時に、おしゃぶりも一緒に入れて消毒する方法ですね。
おしゃぶり専用の消毒液ではありません。)

哺乳瓶を薬液に浸けて消毒しているならついでにおしゃぶりも!って感じですが、そうではないのなら煮沸消毒や電子レンジを使ったほうが全然いいです。

薬液を購入するのにお金がかかっちゃいますからね。(苦笑)

おしゃぶりの消毒頻度。

おしゃぶりの消毒頻度と少し大袈裟に表現しましたが、あくまでも目安のお話しになってしまいます。

とゆうのも月齢や赤ちゃんの様子、時期(流行っている病気)などでも消毒頻度に差が出てくるからなんです。

~新生児~

おしゃぶりは新生児、生まれてすぐから使用することができます。

新生児は菌への抵抗力が弱いので生後3か月頃まではこまめに消毒したほうがよく1日5~6回程度が目安になっています。

~生後3ヶ月頃~

生後3ヶ月を過ぎるぐらいから、赤ちゃんは手をしゃぶるようになったり物を掴むようになり、おしゃぶりだけを消毒しても意味がなくなってしまいます。

また、あまり過敏に消毒し過ぎると、成長と共に強くなる菌への免疫がつきにくくなってしまうので、この成長時期ぐらいからは「1日に1回」「汚れた時」「気になった時」など、消毒頻度を減らしていきましょう。

~臨機応変に~

生後3ヶ月頃から消毒頻度を減らすと言っても、赤ちゃんの体調が不調な時は免疫力が低下しているのでこまめな消毒が必要なります。

また、病気や食中毒などが流行っている場合でも消毒したほうがいいので、おしゃぶりの消毒頻度を減らすといっても臨機応変に対応する事が大切なんです。

余談。

今回はおしゃぶりの消毒方法や頻度についてお話ししてきましたが、おしゃぶりを消毒したことなんてないよ!とゆうご家庭も結構多いです(苦笑)

汚れが見えたら流水で洗ったり、普通に食器用洗剤で洗ったりとかですね。

【現実問題】
使用したおしゃぶりってバクテリアがたくさん繁殖していて雑菌だらけで
おしゃぶりの性質上、ゴム・唾液によって空気中に浮遊している菌が付着しやすい特徴があるんですね。

おしゃぶりが原因で感染しやすい病気もあり「鵞口瘡(がこうそう)と食中毒」です。

特に食中毒が流行している時期はちゃんと殺菌消毒してあげないといけません。

赤ちゃんグッズ
スポンサーリンク
シェアする
龍之介をフォローする
イクジロード

コメント