【気になる】赤ちゃんの月齢別ミルクの分量や時間間隔。

スポンサーリンク

粉ミルクは母乳と違い1日の授乳量が月齢・体重ごとに目安が定められています。

人工的に作られている粉ミルクは栄養価が高く、飲むことでしか栄養を摂取できない赤ちゃんにとっても、スクスクと元気に育ってほしい親にとっても優れた飲料です。

ただ、母乳に比べ消化されにくい点や飲み過ぎると肥満気味になってしまうことがあるので、月齢ごとにミルクの量を調整してあげなくてはいけません。

そこで月齢ごとのミルク量や1日の授乳量・時間間隔をまとめてみました。

ミルクを残したり、飲ませ過ぎかな?と思う疑問や基準体重のことも載せたので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

月齢別ミルクの分量。

月齢 量(ml) 時間間隔 授乳数 離乳食
1ヶ月未満 80~120 2~3時間おき 7回 ×
1~2ヶ月 120~160 2~3時間おき 6回 ×
2~3ヶ月 120~160 2~3時間おき 6回 ×
3~5ヶ月 200 3~4時間おき 5回 ×
5~7ヶ月 200 3~4時間おき 5回 1回
7~9か月 200 3~4時間おき 5回 2回
9~12か月 200 3~4時間おき 5回 3回

ミルクの量や授乳回数などはあくまでも目安して受け取ってくださいね。
必ずしもこれが正しい訳ではありません。

各々かかりつけの病院や医師の方がいると思います。

不安なら相談して調整するのが1番いいかと。

また子供の身長の成長具合や体重の増減などにもよってミルクの量や回数も違ってしまいます。

検診の際に病院や役所の方に指示されると思うので、そちらを参考にしてくださいね。

自分の子もこの表とは少し違っています。

あと離乳食の時期と回数。

自分の3人目の子供は予定日より1ヶ月早く生まれているんですですね。(いわゆる未熟児ちゃん)

離乳食を始める時期は基本的に6ヶ月頃からですから、それを目安にあげていたら「1ヶ月早く生まれているんだから後1ヶ月後です!」と指摘を受けてしまいました。(苦笑)

そういったこともあるので自己解決せず相談することが大切なんですよね。

こんなしょうもない体験談ですが参考になれば幸いです(笑)

ミルクを残す。

まず1つの理由としては、赤ちゃんは生後3~4ヶ月頃になると胃と腸が成長し「満腹中枢」が発達してきます。

つまり、お腹がいっぱいなどの感覚が芽生えて全部飲んでくれないケース。

例えるなら、私たち大人でも毎日決まった時間に決まった量のご飯を完食できるのか?と聞かれればそうではないですよね。

赤ちゃんもこれと同じでミルクの時間だからといってお腹が空いている訳ではないんです。

そしてもう一つが単純に哺乳瓶の乳首が合ってない可能性も多いにあります。

成長して乳首のサイズも変わってきたり、赤ちゃんそれぞれにも好みがあります。

1度、乳首のサイズ変更や種類を変えてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんが哺乳瓶のミルクを嫌がる5つの理由。
赤ちゃんはママのおっぱいが大好きなんです。 【感触・温もり・匂い】 哺乳瓶の乳首でも似たような物もありますが、やはり本物には勝てません。 だからといって哺乳瓶に頼らない育児は結構大変ですよね。 毎回毎回ミルクの時間に赤ち...

飲ませ過ぎているか心配になる。

母乳と粉ミルクを併用してあげている方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで気になってくるのが飲ませ過ぎてはいないか?ですよね。

母乳には酵素が含まれていて消化がよくミルクよりも時間間隔が約1時間ほど短くなります。

粉ミルクの場合は栄養価が高く母乳に比べ消化が悪いのでミルクの飲み過ぎは太る原因の一つとされています。

ミルクの飲み過ぎによって出る症状としては【体重の増加】【便が固くなる】【便秘がちになる】といった症状です。

赤ちゃんの基準体重。

月齢 基準体重(kg) 1日の授乳量(ml)
1~2ヶ月 4.8 720~960
2~3ヶ月 5.8 720~960
3~5ヶ月 6.8 1000
5~7ヶ月 7.7 1000
7~9ヶ月 8.3 1000
9~12か月 8.8 1000

コチラも目安の数値となってしまいますが、ミルクの飲み過ぎ=体重の増加とみなされるので、検診の時この表より体重が上なら注意される可能性大です(苦笑)

「母乳ならいくらあげてもいいけど、粉ミルクはちゃんと制限して下さい。(憤怒)」(←体験談w)

ミルクの時間通りに飲ますべきか?

よくあるのが、ミルクの時間が過ぎても「機嫌がいい。」「寝ている時」などなど。

ミルクを半強制的に飲ませてあげたほうがいいのか気になりますよね。

この問題って結構どっちでもいいんですよね。(苦笑)

むしろ状況によって変わってしまうんです。

寝ている時(夜中)に叩き起こしてミルクを飲ませて目が覚める可能性が高い訳ですよ。(震え声)

飲ませる必要がある・・・答えはノーッッッ!!ですよね。(一同共感)

それにミルクは栄養価が高いため、飲ませ過ぎていると太るので無理にあげる必要もありません。

ただそれが長時間だったり1日の授乳量が大幅に下回っているなら話しは別ですよ?

だけどもミルクの時間が過ぎたからって無理に飲ませる必要がないなら「泣いたとき・愚図ったとき」に飲ませたらいいんじゃないのか?って1人の親と思いますし
ホントその時こそ【臨機応変】の言葉の意味だと思いますね。(にっこり)

コメント