【必読】授乳期に食べたほうがいい食べ物・悪いもの。

スポンサーリンク
ミルク

日々一生懸命に子育てをしているママにとって、子供の健康はなによりも大切なことですよね。

特に赤ちゃんを母乳で育てているママにとって「責任重大」とご自分の食事や飲み物に気を使っているのではないでしょうか。

母乳を出やすくする食材や、いい母乳になる食事など調べれば調べるほどたくさんありますが、実のところどんな栄養を考えて食べたらいいのか、どんな風に調理するのかなど知っているようで、実はあやふやだと思っている人が多いようです。
そこで、今回はこんなことに焦点を絞ってご紹介していきます。

・母乳を出やすくする食材や栄養素
・母乳の質をよくする可能性のある食材と栄養素
・母乳をあげているママが控えなければならない食材、飲み物

それでは、すぐにでも活用できることばかりですので、毎日の食事などの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

母乳のでがよくなる栄養!どんな食材に含まれてる?

昔から「母乳をたくさん出したいならお味噌汁!」と言われていますが、実のところは本当なのでしょうか。

また、その他にも「母乳がよくでる食べ物は、本当にあるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

実は【母乳を出やすくする食べ物としては特にない】というのが本当のところなのです。

とはいえ、母乳の量を増やすということではありませんが、母乳を出やすくするために積極的に取り入れてほしいものはあります。

体を温める飲み物

体を冷やすと母乳は出にくくなるため、温かい飲み物で水分を補給しましょう。

【甘酒・温かい青汁・お味噌汁・野菜スープ】など体に優しく、栄養価の高いものがおすすめです。

根菜

母乳の分泌を促すといわれています。

その他にも、不規則になりがちなママの腸内環境を整えることも、母乳のために大切なことです。

たんぱく質

母乳を出すためには、ママの体は大量のエネルギーを使います。

そのため、食べても食べてもお腹がすいたり、疲れやすくなったりします。

たんぱく質は、人間の体の至るところを作る材料になる栄養素です。

その他にも、血液の材料となる鉄分を体内に取り入れるためには欠かせない栄養素なので、不足してしまうと母乳は作られなくなってしまいかねません。

その他にも、食べ物だけではなく、とにかく体を冷やさないことに気をつけて、血液の流をよくするために、ゆっくりとお風呂にはいることや、軽いストレッチなどでリラックスするとも大切です。

赤ちゃんの栄養のために摂りたい栄養!と食事のバランス

母乳だけで赤ちゃんを育てるということは、赤ちゃんの栄養は全て母乳から取り入れるということになります。

もともと、母乳にはすぐれた力があり赤ちゃんが成長するために必用な栄養素は全て揃っています。

その他にも、抵抗力をつけるためにも母乳は最適です。

もともと優れた力を持つ母乳の質をさらに高めるために取り入れたい栄養素は次の通りです。

鉄分

鉄分は、血液を作るために欠かせない栄養素です。

母乳は血液から出来ているので、ママが貧血になってしまうと母乳は作られなくなってしまう可能性が高いのです。

毎日食事に鉄分の多い【ひじき・小松菜・ほうれん草・レバー類・プルーン】などを積極的に取り入れましょう。

さらに、鉄分を吸収するために欠かせない、動物性たんぱく質や、ビタミンCを一緒に摂取することも忘れないようにしましょう。

【鉄分不足による貧血や鉄分が多い食品】これら鉄分について語る!
ミネラル成分である鉄分。鉄分が不足すると貧血になったり冷え性になったりと様々な症状が出てきます。また日々の疲れが中々とれないって人は鉄分不足の可能性が大いにあります。鉄分が身体にもたらしてくれる効果や働き。鉄分を含む食品や効率良く摂取する方

葉酸

ビタミンb12と一緒に赤血球を作るために欠かせない栄養素です。

さらに、赤ちゃんが成長するために細胞に働きかける栄養素でもあります。

熱に弱く、調理をすると50%が失われてしまうため、生で食べられる食材を選ぶことで効率よく摂取することができます。

イチゴ、納豆がおすすめで、ほかにもほうれん草、モロヘイヤ、アスパラなどにも含まれています。

カルシウム

母乳を出すことで「ママの体はカルシウム不足」に陥りやすいことがわかっています。

赤ちゃんにとっても成長するためには不可欠です。

ママの体がカルシウム不足になることで質のいい母乳を作り出すかとができなくなってしまうため積極的に取り入れましょう。

【ひじき・小魚・小松菜・モロヘイヤ】に多く含まれています。

【歯や骨だけじゃない!】カルシウムについて語る。
カルシウムは妊娠や授乳期子供の成長期には欠かせたくない大事な栄養素です。特に幼児ではカルシウムが不足すると骨の発育障害が起こり成長が悪くなり高齢期になると骨粗しょう症などの病気になる可能性もあります。そしてカルシウムは”骨や歯”というイメー

水分

母乳は水分がなければ作られません。

授乳中はいつもよりも1.5ℓほど多く摂取することが大切です。

前の文でもご紹介しましたが、体を冷やさないように温かい飲み物を心がけましょう。

気をつけて!赤ちゃんに影響が及ぶかもしれない食材や飲み物

ママの食事や飲み物がダイレクトに赤ちゃんに届くわけではありませんが、それでもやっぱり悪影響を及ぼす可能性は否定できません。

特に【タバコ・アルコール・薬】は慎重に摂取しくてはいけません。

その他に、ご両親のどちらかにアレルギーがある場合、その食材は避けることをオススメします。

ほとんど影響はないと言われているものの、絶対ではないので、万が一赤ちゃんにアレルギーがあるかもしれないと想定していれば安心できます。

その他にも、極わずかではありますが、刺激の強い食材によって母乳にも微量の刺激が出てしまうこともあります。

生まれたての赤ちゃんにとっては、刺激の強いものは負担になるので出来る限り避けるようにしましょう。

ママの健康が赤ちゃんの健康につながる。

赤ちゃんのためにできることの中で、とても重要で少し難しいのがママの健康です。

健康であるからこそ、いい母乳がたっぷりとでるし、赤ちゃんのお世話もしっかりとできるのです。

忙しく、不規則な生活の中でそれを維持することは難しいかもしれませんが、せめてこれら3つのことを意識して生活していきましょう。

・しっかりと食事をする
・ストレスをためない
・睡眠をしっかりととる

どれも「やれるものならやりたいよ…」そう思われることばかりですが、、食事は作りおきなどの工夫をして栄養のバランスが摂りやすいように意識しましょう。

忙しいママは、ストレスがたまらないわけがないのですか、発散の仕方を自分なりに見つけておくことが大切です。

睡眠については、寝ている間にやることは山積みですが、少しサボって赤ちゃんと一緒に寝てしまいましょう。

「自分の健康は赤ちゃんのためでもある」そう意識して、育児を楽しみましょう。

ミルク
スポンサーリンク
シェアする
龍之介をフォローする
イクジロード

コメント