フォローアップってどういうもの?飲ませるべき?

スポンサーリンク
ミルク

育児用のミルクのコーナーの隣にある「フォローアップミルク」とは、どんな時にどう飲ませるのか…また、必ず必用なものなのか、気になったことはありませんか?

赤ちゃんのために必要なものならば、ぜひ飲ませたいけれど、どんな風にどんなタイミングだ飲ませるものなのか、実際はハッキリしませんよね。

そこで「フォローアップミルク」の役目や効果、必要なものなのか、牛乳との違いなど、ママ達が気になることを深掘りして紹介していきましょう。

スポンサーリンク

フォローアップミルクって?

フォローアップミルクは、育児用のミルクとは全く別物です。

育児用のミルクは、母乳を元にそれだけでも赤ちゃんが成長できるように作られたミルクです。

それに対して「フォローアップミルク」は牛乳を元に赤ちゃんに足りない栄養素を補うために作られたミルクです。

ミルクや母乳のみで成長できる月齢の赤ちゃんには必要がなく、離乳食が始まり育児用のミルクを卒業してから使用するミルクとなります。

牛乳を元に作られ、離乳食だけでは補いきれない栄養を取り入れるために作られているので、離乳食が完璧ならば、実は必要のないものとなるのです。

「完璧な離乳食」とは簡単に言うと「栄養のバランスがとれた理想の食事」です。

大人の食事でもなかなか難しいのに、離乳食で完璧を目指すのはかなり至難の技ですよね。

そこで活躍するのがフォローアップミルクで、離乳食ではなかなか補いきれない鉄分やビタミンがしっかりと入っているので、離乳食と一緒に飲ませてあげることで、バランスのとれた食事になれるのです。

フォローアップミルクの効果と牛乳との違い・アレルギーの心配は?

フォローアップミルクと牛乳の栄養の違い

牛乳は、カルシウムやたんぱく質を補うためには最適です。

しかし、赤ちゃんの運動発達や精神的発達のために必要な鉄分があまり多くありません。

さらに、その鉄分を吸収するために必要なビタミンCがほぼ含まれていないため、まれに鉄不足から鉄欠乏性貧血を引き起こしてしまう場合もあります。

フォローアップミルクは、牛乳では補いきれない栄養素をバランスよく配合されているので、離乳食の補助としては抜群の働きをしてくれます。

ただし、離乳食をあまり食べてくれない赤ちゃんにたいして、育児用のミルクのかわりに飲ませるのは危険です。

あくまでも、離乳食の補助としてしっかりと【三食】食べてくれるようになってから飲ませるようにしましょう。

アレルギーの心配は?

フォローアップミルクの場合、アレルギーに対して考慮されて作られているのが一般的ですが、それでも中には、アレルギー反応を起こしてしまう赤ちゃんがいることも頭に入れておかなくてはいけません。

パパやママがアレルギー体質であったり、兄弟でアレルギー体質の子がいる場合は、十分気を付けながら始めましょう。

さらに、フォローアップミルクではなく牛乳を飲ませる場合も、アレルギーには十分気を付けて、赤ちゃんの様子を見ながら進めていかなくてはいけません。

フォローアップミルクを飲ませるタイミング

基本的に生後6ヶ月頃から、少しずつ離乳食を進めていきます。

はじめは一日一食から始めますが、その頃はしっかりと育児用のミルクを飲ませてあげましょう。

離乳食の進み具合によりますが、一般的には9ヶ月ころの離乳食を一日三食、食べられるようになってから、育児用のミルクからフォローアップミルクや牛乳に置き換えていきます。

一回に飲ませる量の目安としては100mlくらいで、離乳食をしっかりと食べた後に飲ませるようにしましょう。

くれぐれもフォローアップミルクや牛乳でお腹いっぱいになることがないように注意しなければいけません。

また、水分補給がわりに飲ませるのもカロリーオーバーになってしまいますので、おすすめできません。

あくまでも食事の補助的なものだということを念頭においておきましょう。

フォローアップミルクを使った裏技紹介!

育児用のミルクから、フォローアップミルクにかえるときに、味になれない赤ちゃんが嫌がることがあります。

メーカーごとにフォローアップミルクの味も違うので、最初は小さいサイズを購入し、赤ちゃんの様子を見ながら好みのものを選ぶようにすると、無駄にならずにすみます。

しかし、母乳のみで過ごしてきた赤ちゃんにとっては、哺乳瓶を嫌がって飲んでくれないことがあります。

それでは味以前に飲ませることが困難になってしまいますよね。

そこで、離乳食が食事のメインになる頃から、少しずつおっぱいや哺乳瓶を卒業する練習をする意味で、マグを使って飲ませてみましょう。

マグを使うことで、そのあとコップで飲むための練習にも繋がります。

はじめは、なかなか難しそうですが口に入れているうちに、偶然にでもストローを吸うことができると、赤ちゃんは学習してどんどん上手に飲めるようになります。

根気強く見守ってあげましょう。

しかし、練習中はフォローアップミルクをあまり飲めないので、離乳食のメニューにフォローアップミルクを使ったものを作って食べさせてあげると栄養の心配が軽減されます。

フレンチトースト

パン粥

グラタン

スープ

フルーツのミルク和え

など、工夫次第でたくさんのメニューを作ることができるので、ぜひお試しください。

赤ちゃんの様子に応じて飲ませることが大切!

フォローアップミルクを活用する上で、忘れてはいけないのが「あくまでも食事の補助」だということです。

離乳食のメニューに応じて、必要がないほど栄養のバランスがとれている場合は無理に飲ませる必要はありません。

赤ちゃんの成長のために、離乳食のメニューと、食べた量などを考慮しながらその都度見極めながら飲ませるかどうか決めましょう。

赤ちゃんは、驚くほど短い間に凄まじい成長を遂げるので、しっかりとした栄養のバランスは必須です。

そのためのお助けアイテムとして、フォローアップミルクを活用しましょう。

コメント