MENU

サーフェイサーとは?吹く意味とは?サフなし塗装でも大丈夫

エアブラシ塗装の基礎中の基礎【サーフェイサー】

エアブラシを覚えようとしたら誰もがブチ当たる壁。そしてそれは今現在も相変わらずw

サーフェイサーを吹く意味として1番知られているのが「塗料の食い付きが良くなる」じゃないでしょうか。もしくは「上手い人が吹いているからとりあえず吹いてる」とか

今回この記事で知ってほしいのは「サーフェイサーを吹いたほうがいい意味」「捨てサフって何?」そして「サフレス、サフなんて吹かなくていいんやで」などのお話しをします

塗装する時サフは絶対に必要だと思っていたけど、別に吹かなくてもいいって知った時、絶妙な安堵感に満ち溢れましたw

目次

サーフェイサーとは?吹く目的と効果

サーフェイサーの効果
  • 細かいキズを埋めてくれる
  • キズ等のチェック
  • 塗料の食い付きを良くする
  • 色を統一させる
  • パーツの透けを無くす

細かいキズ消して平坦な表面にする

サーフェイサーにはキメの細かさを示す番手が表記されています

500<1000<1200<1500

番手の数字が大きくなるほどキメが細かくなり、平坦な下地作りや光沢塗装の下地に適しています。でもその分細かいキズを消す効果は薄いです

番手の数字が低いサフは粘度が高くなりキズを消す効果が高いです。ただそれだけ塗膜が厚くなるのでエッジ部分が丸くなりやすいのです

使い分ける点として「埋めたいキズの大きさ」「下地で作っておきたい仕上がり」などで吹くサフの番手を使い分けると良いですよね

キズ等のチェック

これはサーフェイサーの色が大きく関係しています

基本的にサーフェイサーはグレー色。塗るとパーツの凸凹の陰影が目視しやすくなり、塗る前には発見できなかったキズを確認しやすくなります

ただ誤解しないでほしいのはサーフェイサーすべてに同様の効果はないということです

あくまでもこれはグレーだから凸凹の陰影がはっきりするということ

サーフェイサーはグレー色だけじゃなく「ホワイト」「ブラック」「シルバー」「レッド」「オレンジ」「ピンク」などがあります

塗料の食い付きを良くする

塗料の食い付きが良くなる。と言うよりサフの上に塗った塗料は剝がれにくくなるんです。

「塗装剥げなく長い間保存しておきたい」などなど、丁寧に仕上げたい時にはサーフェイサーは必須になります。

ただ勘違いがないように補足すると”サフを吹けば絶対に剥がれない”と言うわけじゃありませんので

塗料の食い付きが良くなる点でもう一つ、サーフェイサーの他に「プライマー」と言う下地塗料があります

ガンプラの一部のパーツにはメタルパーツや特殊な合成素材が使われていることがあり普通に塗装しても色が付かないことがあります。またラッカー系やエナメル系の溶剤塗料はABS素材との相性が悪く溶剤がパーツ内部まで浸透し破損やひび割れの原因にも

それらを軽減するためにある下地塗料がプライマーです

「メタルパーツ(真鍮やステンレス)」や「レジン(無発砲ウレタン樹脂)」は通常の模型用塗料では定着させることができませんがプライマーによる下地処理をすると塗装できるようになるんですよね

サーフェイサーの中にはプライマーと配合して作られた「プライマーサーフェイサー」もあります

色を統一させる

後から吹く塗装の色を合わせるためにもサーフェイサーの下地処理が大切になってきます

例えば「白パーツの上にブラックの塗装」と「グレーのパーツの上にブラックの塗装」じゃあ塗った色の仕上がりが異なってしまいます

それらを無くすためにも1度サーフェイサーの色でパーツの色を統一させる必要があるんですよね

パーツを改修・改造、プラバンやパテ、黒い瞬間接着剤を使った時もパーツの色を統一するのは大事な工程になります

後から塗る塗料の発色を良くする「メタリック塗装」や「キャンディ塗装」においても下地塗料は欠かせません

隠蔽力でパーツの透けを無くす

サーフェイサーは隠蔽力がとても高い塗料

ガンプラ、プラモデルは材質がプラスチックのためどうしても光が透けて安っぽさが目立ってしまいます。サーフェイサーは隠蔽力がとても高い塗料なので下地に吹くことで光の透過を防ぎ重量感のある仕上がりにすることができます

特にガンプラなどロボやメカ系には重量感があるとないとじゃ全然見た目が変わります

捨てサフ・本サフって?

サーフェイサーのことを調べていくと「捨てサフ」「本サフ」の言葉をよく見るようになります

本サフは上記の「サーフェイサーの効果」を得るために吹く行為のことを言います

そして”捨てサフ”はサフの効果である「キズ等のチェック」をするためにあえて吹くことです

捨てサフ
サフを吹けば確認できなかったキズや歪み(ヒケ)を発見しやすくなります。特に合わせ目消しの確認には必須かと。こうゆうパーツの状態を確認するために吹く、後からヤスリをかけたりパテなどで修正したりと吹いたサフを削り落としたりすることから”捨てサフ”と呼ばれるようになったんです

サーフェイサーなし塗装

さて、ここまでサーフェイサーの良い効果とかサフって凄いんやで!なんて言ってきましたが・・・絶対に必要かと言われればそうじゃなく、逆に吹くことで仕上がりが悪くなってしまうパターンもあるんです

仕上がりが悪くなる要素
  • 塗膜が厚くなる
  • モールドが埋まる

サーフェイサーのデメリット

サーフェイサーは下地塗料なので当然の如く、完成塗膜が厚くなってしまいます

特にデメリットを感じるのは”関節部分”

パーツ同士が擦れる部分はあえてヤスリ処理しておかないと関節を動かすたびパリパリと塗装が剥がれてしまいます

あとサーフェイサーの効果として「キズを埋める」がありますが、これって既存のモールドも埋めちゃうんですよね。エッジも丸くなってしまったりと造形が細かなパーツは特にサフの影響を受けてしまいます

なので既存のモールドはスジボリを使って深めに掘っておく、エッジ部分はヤスリで尖らせる、プラバンで改修しておく必要ある場合もあるんです

サーフェイサーとは。吹く意味って?サフなし塗装でも大丈夫!まとめ

サーフェイサーの効果
  • 細かいキズを埋めてくれる
  • キズ等のチェック
  • 塗料の食い付きを良くする
  • 色を統一させる
  • パーツの透けを無くす
仕上がりが悪くなる要素
  • 塗膜が厚くなる
  • モールドが埋まる

結局のところサーフェイサーは必要?いらない?どっち?なんて話になってしまいますが、自分が進めやすい塗装工程、自分が狙う仕上がり具合によって有り無しで使い分けるのが正解って感じですかね

個人的に思うのはサーフェイサーが1番必要な時はやっぱ色の統一。こればっかりはサーフェイサーに頼るほかないですよね(キャンディ・メタリック塗装は除く)
よくほかのサイトでは”細かいキズを消してくれるから”という意見が多い気もしますが、そのためにサフを吹く準備とか諸々の手間を考えると細かいヤスリ(800~1000番)で仕上げればキズは十分消えてくれるのでそっちのが楽ですね

その変わりヤスリをかける時間はかかりますよw?

あと1度サフレス塗装を体感してしまうと今まで気になってはいなかった妙なストレスの解放感を覚えてしまいますw

あれは何なんでしょうか(笑)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる